レアメタルがあるのに、いまだに金が儲かる理由はどこに?

金の買取について知っておきたい基礎・トレンド

金の買取について知っておきたい基礎・トレンドのメイン画像

いまだに金が儲かる対象となっているのは長い歴史の中で世界中の人々が共通認識を積み上げてきたからです。

レアメタルがあるのに、いまだに金が儲かる理由はどこに?

質問者の言うとおり現代ではレアメタルなど、もしかしたら金よりも希少性の高い金属が出現しているのに、なぜ金はいまだに価値が高く、驚くほどの値段で買取されたり売却されたりしているのでしょう。

■長い歴史によって築かれた世界市場。

金と同等の希少性があり、単純に儲かるからという理由だけなら、レアメタルを大量に買取して売りさばいても同じようなビジネスができそうです。

金がなぜこのように発展したかというと、長い歴史の中で、世界標準となる共通の価値基準・市場が確立できたからです。

それがもっとも大きな理由であり、儲かる理由に直結しています。

■金は売買に至る環境のすべてが完備。

金の取引には、純度やレートなど厳格なルールが整備されています。

その市場に誰が金を持ち込んでも、同じ基準で買取でき、売却も可能になっています。

金市場で取引されるのは金の延べ棒や地金ですが、一般客によって巷のショップに持ち込まれた金製のネックレスや宝飾品も、高炉で溶かされふたたび延べ棒の状態になって都費引き市場にリサイクルされています。

そのようなサイクルが完成しているのが金であり、レアメタルに関しては、そこまでの整備も信任も得られていません。

■市場とは世界中の金が集まって買取・売却が行なわれるところ。

共通のルールと価値観が、通貨にはないほど信任を得ています。

通貨は貿易、政治・経済、内紛・戦争、企業の不祥事、天候・気象などあらゆる物事に絡んですぐに乱高下してしまいますが、そのようなときでも比較的おとなしくしてくれているのが金です。

“様子見”と言って、ギリギリまで動向を探り、最後に動くのが金です。

そのため危険性は為替や株よりも少なく、儲かる確率は金がもっとも高いのです。

金の買取について知っておきたい基礎・トレンド

Copyright www.aconygames.com All Rights Reserved