結婚指輪の選び方 

結婚指輪は、リングのデザイン、加工の仕方、素材、そしてダイヤモンドの有無など、色々なデザインがあり、何を基準にして選べばよいか困ってしまう方もいるようです。

最終的に、何をポイントにして選べばよいのでしょうか?

①二人が気に入ったものを

結婚指輪は二人が付けるものです。

双方が気に入ったものを選びたいですよね。

お互い相手の気持ちを尊重し合うようにしましょう。

お互い、遠慮することなく意見を述べ合い、そしてお互い譲歩する気持ちを忘れずにしましょう。

二人で話し合っていけば、折り合えるポイントがあるものです。

そして、その結婚指輪が安心して末永く着けることができるかという点も大事です。

ですから、今だけでなく、10年後、20年後、この指輪をはめていることをイメージしてみてください。

素材は、長持ちするでしょうか。

アフターサービスをしてくれるでしょうか。

もし指が太くなったらサイズ変更は出来るでしょうか。

そのようなことも考えましょう。

②世界で一つしかない結婚指輪を

オリジナルのものであっても、そうでなくても、やはり世界で一つしかない結婚指輪にあこがれますね。

ですから、デザインに少し変化を付けたり、二つのリングを重ねるとハートになるリングにしたりすることもできます。

また刻印を入れるだけでも、世界で一つしかないリングになります。

結婚記念日やイニシャルを刻印したり、、素敵な言葉、思い出の言葉を刻印することが出来ます。

③結婚指輪選びもたのしい思い出に

このように、どんな指輪にするかを二人で話し合い、一緒に出掛けて選んだりすること自体がよい思い出になるでしょう。

ぜひ、この過程も楽しんで、二人が気に入ったものを選んでくださいね。

※こちらもCheck⇒指輪の刻印メッセージの文例集 | 贈るキモチ

コメントは受け付けていません。