結婚指輪の表面加工について

結婚指輪のリングをどのように加工するかでもまた雰囲気が変わってきます。

男性の中には、結婚指輪をつけていることを人にあまり見られたくない、目立ちなくないという方もおられるようです。

【参考サイト】:http://www.excite.co.jp/News/product/20160101/Dime_190937.html

それでこリングの表面の加工の仕方で、よりシンプルな結婚指輪を作ることが出来ます。

①ミラー

ミラーとは鏡のように光沢があり、艶もあり、キラキラ輝いていて女性からは人気があります。

結婚指輪の中では、いちばん人気の加工の方法です。

②マット

これは艶消しで、落ち着いた質感になります。

表面に細かな凸凹をつけることで、艶を消すことが出来ます。

マットタイプは男性から人気があり、結婚指輪をあまり目立たせたくない方におすすめのリングです。

③ヘアライン

マットと似ていて艶消しですが、ヘアラインは表面に髪の毛のような細いラインを入れることで艶を消しています。

マットとはまた違った独特な輝きがあります。

このタイプも男性から人気で、マットでは定番すぎると思われる方は、このヘアラインを選ぶようです。

④男性はマットかヘアライン

このように艶消しタイプの指輪が男性から、またさりげなく結婚指輪をつけたい方から人気があるようです。

加工の方法はこの他にもあります。

例えば、「スターリー」はリングの表面をダイヤモンドで細かく彫ることにより、光が乱反射し、リングを明るく輝かせるタイプです。

また「サティーン」のように、表面をきめ細かく研磨させ、なめらかな輝きにするタイプのものもあります。

コメントは受け付けていません。